レーシックを受けた年齢が20代である体験談

メガネやコンタクトレンズに替わる視力矯正のための新しい治療法として注目されているのが、レーシックです。
レーシック手術は欧米では盛んに行われており、日本においては、ここ十数年の間に広く普及しました。
精度の高いエキシマレーザーを眼の角膜に照射し、角膜を変形させることで、取りこむ光の屈折率を変えて、視力を調整する治療法のことです。
レーシック手術では、手術を受けられる年齢が決まっており、18歳から60歳頃までです。
これには理由があります。
18歳未満では体が成長段階であるため視力が安定していない場合が多く、仮に手術で視力を矯正したとしても、その後の視力が安定しにくいのです。
また、その後禁止になってしまうというケースも少なくありません。
60歳以下というのは、加齢によって生じる老眼が、近くの物を見る時にピントがぼやける症状であるのに対し、遠くを見るための視力を矯正するレーシックの手術が適していないとされるからです。
最近では老眼を治療するためのレーシック手術も存在しますが、一般的なレーシック手術では、近視や乱視、遠視の視力矯正のための治療法であるので、あまり効果がないとか、効果が表れたとしても短期的なものだとされています。
この手術を受ける人の年代として最も多いのが20代から30代ですが、実は私も20代のうちに手術を受けた一人です。
今では、手術から5年たち、30代になりましたが、私なりに20代のうちに手術を受けておいてよかったと思うことが多くありましたので、ここで今回ご紹介していきたいと思います。
前述の通り、手術を受けられるのは18歳頃からですが、20代で手術を受けることで、裸眼の視力が良い状態が長く続くということです。
老眼は一般的に40代頃から発症しますが、40代頃で手術を受けるのでは、間もなく来る老眼まで年数があまりなく、裸眼で快適に過ごせる期間が短いのです。
また、女性である私にとって一番の大きなメリットが、出産や育児の際に非常に便利だったということです。
実は、20代の前半で一人目を出産した時は、メガネやコンタクトレンズを使用していたため、夜中の授乳や昼寝、お風呂のお世話などの際にいちいちそれらを外したり、ケアしたりしなくてはならず大変でした。
特に新生児のうちは寝る時間が不規則なので、コンタクトレンズをしても目の調子が悪くなりやすいし、つけたままうとうとしてしまうことで、よく目が充血していました。
夜中の授乳では、一時間おきに暗闇でメガネを探し、寒い室内ではレンズの曇りがなくなるまで時間がかかることで、赤ちゃんの顔が確認できないなど、大きなストレスでした。
メガネやコンタクトレンズとレーシックの大きな違いはこちらhttp://www.fullcircleranch.com/11.htmlを参考にしてください。
そこで、二人目を妊娠前に思い切って手術を受けました。
すると二人目の新生児時代のお世話が劇的に楽になったのです。
夜中に目覚めても時計がはっきり見えるほか、赤ちゃんが泣いてもすぐに対応できることで、大きくストレスが減りました。
また、出産後、体質が変わって発症した花粉症ですが、目の悪い周りのママ友はコンタクトレンズができずにおしゃれが楽しめないと嘆いているのに対し、私はアレルギー用の眼薬だけで普段通りおしゃれを楽しめています。
手術を行うなら、20代のうちがお勧めです。

Copyright 2013 目の健康応援.com All Rights Reserved.