レーシックで素晴らしい視力を手に入れる

私は小学校高学年ごろから視力が悪くなり始め、それからは毎日コンタクトレンズや眼鏡がなくてはならない生活を送ってきました。
大学を卒業して就職してからはパソコンでの作業が多く、より視力が悪くなってしまいました。
またパソコンでの長時間の作業が続く日々でコンタクトレンズや眼鏡も長時間使用しなければならず、ひどいドライアイにも悩まされていました。
常に目が充血していましたし、ドライアイ用の目薬を持ち歩いて使用していました。
そんな辛い日々をどうにか改善したいと思い、眼科へレーシックの説明を聞きに行きました。
職場の同僚がレーシックにより視力を回復することができたと聞き、私も視力を回復し、眼鏡やコンタクトレンズを使わなくても良い日々を過ごしたいと思ったからです。
眼科ではレーシックの詳しい説明を聞き、私の目がレーシックの手術に耐えられる目かどうかのテストを受けました。
自分がレーシックに向いてるかどうかはこちらhttp://www.hollisterabercrombie.com/muiteru.htmlを参考にしてみてください。
そのテストに無事パスし、私はレーシックの手術を受けることができるようになったのです。
手術の日には直接家から向かい、あっという間に終了しました。
こんなにも短時間の手術で本当に視力が回復するのか不思議なほどあっという間に感じました。
手術の後はそのまま家に帰ることができ、手術から1週間もすれば視力が素晴らしく回復していることを実感することができました。
視力を回復する前までは朝目が覚めた時から寝る前まで一日中眼鏡やコンタクトレンズを使わなければならなかった不便な生活から、手術のおかげでコンタクトレンズや眼鏡を一切必要としない生活が送れるようになったのです。
視力を回復することができてからは、ずっと悩んでいたドライアイの症状もなくなり、パソコンでの作業も快適に取り組めるようになりました。
視力がよくなってからはどんなに長時間パソコンでの作業が続いた日であっても目が疲れにくくなりましたし、ドライアイの症状もなくなりました。
視力を回復することができ生活がとても楽になりましたし、また快適になりました。
一昔前まではとても高額なイメージの強かったレーシックの手術ですが、今は随分金額も下がり誰でも手術が受けやすくなりました。
視力が悪いことで毎日の生活はとてもわずらわしいことも多いですし、コンタクトレンズや眼鏡を定期的に買い替えることも必要になってきます。
視力を回復することができれば、眼鏡やコンタクトレンズの必要は一切なくなり、買い替えにかかる定期的な費用もかからなくなります。
長い目で見ると手術によって視力を回復させることができるほうが、これから先の買い替えなどの費用もかからずに目がいいことによって生活も楽になりいいことばかりです。
私も小学生のころから視力が悪くとても不便なことも多かったのですが、手術を受けて視力を回復してからはとても快適で楽しい生活を送ることができています。
自分の目で景色がきれいに見え、夜には月や星がきれいに見えることはこんなにも素晴らしいものかと改めて視力が良くなってから感じることができました。
眼鏡やコンタクトレンズに一切頼ることなく自分の目で生活できることはとても快適です。
これからもせっかく視力がよくなったことを感謝しながら、日々の生活を楽しんでいきたいです。
レーシックの安全性についてはこちらをどうぞ。

Copyright 2013 目の健康応援.com All Rights Reserved.