レーシックは早いうちにうけるべき

タイトルの通り、レーシックは早いうちに受けるべきhttp://www.pythonthreads.com/agelimit.htmlだと私は思っています。
私は、小さい頃から目がよかったのですが、中学校辺りから本を読む機会が増え、次第に目が悪くなっていきました。
しばらくは、少し視力が落ちた程度なら大丈夫であろうと考え、何も対策をせずに放っておきました。
しかし視力が1を切るくらいになると、さすがに何をやるにつけても影響が出てきて、メガネをかけるようになりました。
最初は不便で仕方なかったのですが、慣れていったらメガネも悪くないなと思い、高校の途中まではメガネをかけていました。
高校2年くらいでメガネからコンタクトにかえました。
中学まではスポーツをやっていたけど、高校で止めてしまったので、無理にコンタクトにする必要もなかったのですが、やはり年頃なので、周りでコンタクト人口が増えてきたと感じると私もコンタクトにしました。
コンタクトを愛用してはいたものの、コンタクトに対するイメージは使用前からかなり悪かったです。
コンタクトレンズが目にくっついて取れなくなったらどうするのとか、目の裏側に行ったら洒落にならないなとか思ってました。
結局2年ほどコンタクトを使用して、毎日の取り外しが面倒臭くなって、メガネに戻しました。
私の周りでは、長年コンタクトを使用してきて、毎日コンタクトを外さないって人がいますが、私からしたら信じられません。
怖くないものかと。
しかもそういう人が周りにかなりいるのが驚きです。
病気とかも、なってから健康のありがたみが分かるといいますが、コンタクトを外さないと、失明の恐れまでありますし、絶対に毎日洗うべきだと思います。
それどころか、レーシックをした今では、もし万が一もう一度目が悪くなったとしても、コンタクトに戻る事はありえないなと思います。
話が逸れましたが、戻します。
再びメガネに戻ったわけですが、この辺りからレーシックについて世間で結構騒がれていたかなと思います。
ですが、レーシックも施術数が少ない時代http://www.omgitsfree.com/huxtukyuuu.htmlは、値段も高かったですし、まず安全への保障が無いというのがかなり怖かったですね。
レーシックがあまり普及していない時に受けた友達からは、世界が変わるから絶対に早いうちに受けるべきだと言われましたが、狂気の沙汰だなと思っていました。
そしてメガネのまま数年が経ち、急にフレームが煩わしくなっていた時に、母からチラシを見せられ、近所の眼科でレーシックの手術をしている事がわかりました。
私の家はお世辞にも都会とは言えず、むしろ田舎なので、レーシックは遠くで受けなければいけないイメージがありました。
しかし近所の眼科では、値段も安く、15万円程度で受ける事が出来、かなり施術数の多い有名な先生だったので、お願いする事に決めました。
手術までの流れですが、当日まで、毎日朝昼晩と点眼をしました。
普通の風邪なら、薬を飲み忘れたな程度で済みますが、大手術ともあって、かかさずしっかり点眼してました。
そして当日、先生と一緒に、手術室のある病院まで一緒に車で移動しました。
先生は、移動から手術中まで、終始こちらをリラックスさせてくださるかなり良い先生でした。
病院に着きまして、受付を済ませ、緊張を和らげる薬なるものを頂きました。
眠くなると言われましたが、やはりまだ緊張していたもので、眠くなる事は一切ありませんでした。
そして手術開始です。
1人の先生と二人の助手に囲まれて、リクライニングのイスに固定され寝かされました。
そして麻酔や洗浄液なるものを数種類目にかけられて、目を瞬き出来ないように固定されました。
正直全ての工程の中でこの目を見開かされるのが一番痛かったです。
そして手術。
手術は一瞬で終りますが、途中失明状態に陥るので、この間は新しい世界が見えると言われてましたが確かにそうでした。
片目10分ずつの計20分くらいで終りました。
詳しい手術の流れはこちらhttp://www2.packages.jp/gs.htmlhttp://www2.packages.jp/gs.htmlを参考にしてください。
目が見えなくなっちゃったんじゃないかとか心配でしたが、終ったらすでに世界が変わっていました。
メガネをかけてもボヤケていた世界が一新されたのです。

Copyright 2013 目の健康応援.com All Rights Reserved.