レーシックの手術はあっという間。

コンタクトやメガネの手入れが面倒なことと、仕事で長時間パソコンに向かうことが多くなり、目が疲れがひどくなり肩こりや頭痛まで伴い生活に不便を感じていたので、目の疲れを少しでも緩和したいと思いレーシック手術を受けることにしました。
周りでレーシックを受けた方から、「レーシックは怖くないし、術後の世界に感動するよ。
」「ある程度、大きな施設ならばどこでも問題ないよ。
」と聞いたので、インターネットでよく出てくる施設に行ってみました。
カウンセリングの予約をしようと電話をしてみたら、込み合っていて、1か月先まで予約がとれませんでした。
レーシックは人気なんだと改めて痛感しました。
また、カウンセリングの間は無料で託児所が使えるらしく、小さい子供がいても安心して施術できる仕組みになっていて驚きました。
カウンセリング当日は、機械的に次々に部屋を通されて、無駄のないシステムになっていました。
若い方や年老いた方、いろいろな年齢層の方がカウンセリングに来ていました。
話を一通り聞いて、スタッフの対応も非常によいので、ここなら安心して施術できると感じました。
レーシックは角膜が薄い人等は受けられないため、適応検査が必要ですが、レーシック手術を受けても特に問題ない。
との結果がでました。
次に施術のコースを決めることになりました。
目は一度ダメになったら取り返しがつかないと不安になってきたため、手術の中でも一番高いコースで申し込むことに決めました。
(手術を受けた現在は、中くらいのコースでも問題なかったかもしれないと思っています。)
こちらhttp://www.qthreads.com/s04.htmlにも書いてあるとおり、一回で全額払うのが難しい場合には、ローンも組むことができます。
手術日とその次の日に必ず通院する必要があるため、土日に予約を入れました。
レーシック手術ですが、10分もかかりませんでした。
麻酔はしていますが、フラップをめくっている感触が伝わってきて、どこを見ていいのかわからなくなり、右目の施術中に怖くなってきて、左目の施術中は泣きそうでした。
レーザーを当てている時間をカウントしているときは、「早く終われ・・」と願っていました。
周りのスタッフの方が優しく対応して下さったので、何とか乗り切れました。
施術後、30分程度、暗い部屋で目を休めて、別の部屋に通され、外出時はゴーグルのようなものをつけることと、一定間隔をおいて目薬をさすように指示されました。
後は次の日と1週間後と1か月後に検診に行ったくらいです。
特に問題ありませんでした。
施術の次の日ですが、痛みも全くなく、いつも通りでした。
違っていたのは、コンタクトやメガネをつけなくても遠くまではっきり見え視界が明るくなったことです。
寝室ではメガネをかけてテレビを見ていましたが、メガネなしでもテレビがはっきり見えて、非常に感動したのを今でも覚えています。
簡単な手術でこんなに世界が変わるものかと驚きました。
メガネの時は電車の中で曇ったり、汚れがなかなか落ちなかったり、ずれたり、長時間かけていると痛かったり等、コンタクトは目が乾いたり、手入れが面倒だったりしていましたが、裸眼での生活ではこのようなことが全くありません。
お風呂に入っているとき、メイクをしているとき、日常生活のほんのわずかな時間ですが、目がよく見えると本当に快適です。
また、海やプールでは周りの景色を見ながら泳ぐことができるので、一つ楽しみが増えました。
もっと早くやっておけばよかったです。

Copyright 2013 目の健康応援.com All Rights Reserved.