レーシックでお金も目の疲れも解放。事前に調べてお得に視力矯正

角膜にレーザーを照射して、視力を矯正するレーシック。
メガネやコンタクト愛用者にとっては、直接目をいじる、ということに抵抗を感じてしまう人も多いでしょう。
しかし、コンタクトやメガネなしの裸眼で、遠くの景色や夜空を眺めたい、という思いは心の底にありますよね。
この”裸眼”という部分に私も魅力を感じており、景色をもう一度裸眼で見たい、という想いに押され、レーシックを行うことを決意しました。
緊張しながら手術に望んだものの、あっさりと終了。
そして、あれ、こんなもんかな、と思いつつも、気づくとくっきり見えるようになっているではありませんか。
遠くの看板、信号機、向こうから歩いてくる知り合いの顔……。
すべてがきちんと見分けられるのです。
恩恵は見えるというだけではありませんでした。
これまではコンタクトとメガネの両方を使い分けていたのですが、両方ともお金がなにかと掛かっておりました。
コンタクトは使い捨てなどもあり、そうそう高くはないのですが、小さな積み重ねを考えると、けっこうな金額になります。
また、メガネは新調するのは数年ごとですが、けして安い買い物でないのはご存知のとおりです。
手術代も高くはありませんが、コンタクトやメガネを長年使った場合にかかる諸経費を考えると、レーシックを行い今後それらにお金がかからないのならば、かなりお金の無駄もはぶけるというわけです。
レーシックは自由診療扱いなので、健康保険の適用はできませんが、生命保険に加入していると医療費控除制度によりあとからレーシックにかかった費用の何割かが戻ってくることもります。

また、コンタクトやメガネのメンテナンスにも手間がかかります。
メンテナンスに費やす時間がなくなるとなると、思いのほか自由な時間が増えることにも気づきました。
ちょっとずつではありましたが、コンタクトやメガネに以外と時間を取られていたんだな、と思いしりました。
とはいっても、やはりレーシックは怖いものですよね。
直接目を手術するわけですから当然です。
しかし、レーシックで失明した人はいないhttp://xn--kpuo06fw1aj2o.net/failure.html、という事実をご存知でしょうか。
メスで切るわけではないので、例えミスが起きても失明してしまう箇所まで到達することはないのです。
とはいえ、暗いところが見えにくくなる場合がある、明るさに敏感になる、など完全にいい事ばかりではないのも事実です。
しかし、それでも、コンタクトやメガネなしでちゃんと景色が見えるのはすごい感動します。
やる価値あります、と断言できるレベルです。
また、意外なところでは、目の疲れからくる肩こりなどが改善しました。
手術をして以来、デスクワークもはかどって、仕事も順調です。
目が見えるようになっただけで、私生活がこんなにも変わるものなのか、と驚きを隠せません。
じゃあレーシックをやろう、と思ったときに気をつけたいのが病院選びhttp://xn--pckp0b6k2c.la/37.htmlです。
安い料金だけで決めてしまうのはかなり危険です。
値段は二の次で、問診や説明を丁寧にしてくれるところ、実績があるところ、これらを中心に探すようにするといいでしょう。
多少高くついてもいいのです。
実際は数十万という値段ですから、コンタクトやメガネを一生使う値段と比べれば、すぐにもとが取れるのはわかると思います。
こちらhttp://xn--pckp0b6k2cx986ahs6ajw7b.com/で、レーシックとコンタクト、メガネをそれぞれ比較しているので悩んでいる方は参考にしてみてください。
また、レーシックには保証期間なるものがあります。
これは病院によってマチマチですので、そこらへんも病院選び基準のひとつにしたほうがいいでしょう。
加入している生命保険から、保険金が支払われる可能性があったり、事前検査を無料サービスでやっているところもあるなど、費用を軽減する方法もいくつかあります。
ご自分が納得できる病院、方法を探し出し、裸眼による生活を取り戻しましょう。

Copyright 2013 目の健康応援.com All Rights Reserved.